読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

El Diario Del Bufón Del Rey Lear

元リアの道化による独り言とか。

ダイエットの話

実家にいたころは気付かなかったけど、私の実家は取り敢えずよく食べる。もうすでに亡くなった祖父母達が戦争経験者ということもあり、「食べる=幸せ」みたいな家庭だったからだと思う。で、誰も興味がないと思うけど実家の構成。

父:食べても太らないのでよく食べる。その代わりよくお腹も壊す。

母:「なんか食欲無いのよね~、あ、お昼にサツマイモ食べたからだ」って、何回聞いたかなその台詞。

姉:甘いものよりご飯系が好き。顔から太るタイプ。結婚して痩せた。

私:薄味好きだけど甘いものも大好き。

妹:外食好き。ジャンクなのも好きで運動は嫌い。

 

まあつまり、父を除いて食べたら食べただけ太るタイプではある。それでもWii Fitを真面目にやっていた時もあり、妹なんか5キロぐらい痩せたんじゃないかな。祖母が亡くなって関東と関西を行き来して落ち着いたころにはすっかりやらなくなったけど。

 

結婚する直前、香港出張で4キロ太った私は結婚して1ヶ月経たないうちに1キロ痩せた。変わったことと言えば

・通勤時間が長くなった

・炭水化物を減らした

・間食を減らした

ぐらいである。実家にいた時は1時間程度で通えていたが今は2時間強かかる(乗り継ぎの関係で2時間半かかることもざら)。定時で上がっても実家にいた時は帰りにケーキを食べて帰っても8時前には帰れたが、今は定時で上がっても辿り着くのは9時前。電車の中で食べるのはせいぜいチョコレートか飴ぐらいなのでケーキに比べればだいぶ糖質カットである。結婚した当初は料理もしていたがそうすると夕食は9時過ぎるので炭水化物を止めた。炭水化物は良人が食べるぐらいであるけど、良人は間食を滅多にしないし独身の頃からカロリーに気を付けているので今でもスリムである。

 

ところで私は炭水化物を全く摂っていないわけではない。外食すればご飯もパンもパスタも食べるし会社でお菓子を支給されることも有る。ただ、回数と量が減った。

代わりにたくさん食べるようになったのは肉である。実家にいた時は肉より野菜中心だったので、結婚して思う存分肉を食べられるようになり私は遠慮なく肉食になった。けれどハンバーグやソーセージなどの加工食品ではなく、安い肉を買ってきて焼き肉やしゃぶしゃぶで食べるのが多い。焼き肉のたれを使うよりわさびを使った方がおいしいと発見したのも最近になってだ。

 

さて、現在は自分史上最低体重まであと少しである。でもまだBMI上では24.5ぐらいあるのでBMI20はまだまだ先の話であることは間違いない。