読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

El Diario Del Bufón Del Rey Lear

元リアの道化による独り言とか。

可愛いもの

女性は可愛いものが好きなのか? 取り敢えず私の考え。

 

私は可愛いものが好きだし、かっこいいものも好きである。絆創膏とか化粧品なんかは見た目は気にしないけど、文房具類は可愛いものが好きだし欲しくなる。何故かというと、見るだけでテンションが上がり、「使いたい!」と思うからである。では、使ってどうするかというと、仕事をするのである。

 

例えば付箋。いずれ捨てられるものだけど、これが無地のものより猫の一匹でも書いてあると「この付箋使いたい」となり、いろんなことをメモするようになる。電話の取次ぎや提出期限、「外出しています」など……。

ペンはコレクター精神だろうか。学生時代は黒、赤、青はともかく緑や黄色、ピンクに水色などあるブランドのペンはほとんど買っていた。で、ノートを取る。黒板に赤で書かれたのはこれ、黄色はこれ、青はこれ……などと、私のノートは多分結構カラフルだったと思う。社会人になってからは黒、赤、青、緑しか使っていないけど。

マスキングテープは貼って剥がせるテープだから人気なんだけど、これもちょっとドット柄でも描いてあると使いたくなる。これも主にメモ用かな。

会社の人には電卓にシールを貼っている人もいる。こういうちょっとしたアイテムで心が浮き立つから女心って不思議だ。

 

男性が理解できないものの一つにネイルアートがあるらしいけど、私の場合このネイルアートは男に見せるためにやっているものではない。キーボードを打つ指が無味乾燥の爪より薄くピンクでも塗られていた方がテンションは上がる。テンションが上がると仕事にも集中できるというものだ。ちょっと前に話題になったけど、清少納言が「髪を洗って着飾ると見せる人はいなくても楽しくなる」みたいに書いていたしね。分かるよその気持ち。

 

さて、事務用品はさておき女性が好きなのと言えばやっぱりスイーツだろう。スイーツは何故可愛いかは作った人じゃないと分からないから何とも言えないけど、私の場合見た目が大事だなって思うのはやっぱり美味しそうに見えるから、である。まあそんで期待外れっていうのもあるんだけどね。逆に見た目が良くなくても美味しいものだってたくさんある。けどどうせ美味しいんだったら綺麗に、あるいは可愛く飾られたものを食べたい。

私の意見が大多数かどうかわからないけど、だからチョコレートとかに絵が描いてあるのかなって思う。

 

一つ忘れちゃいけないのは可愛いものは女性向けが多いけど、男性が買ったり使ったりするのを制限するものじゃない。あと、女性だって可愛いものより機能的なものが好きな人だっている。「男だから可愛いものはダメ」「女だから可愛いもので当たり前」なんていう価値観は大嫌いである。「好きなものは好き」でいいじゃないか。たまたま私はそれが可愛いものであるだけで。

最初にもちょっと言ったけど、私の場合絆創膏は普通の「が」いいです。