読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

El Diario Del Bufón Del Rey Lear

元リアの道化による独り言とか。

病気

いつか消すと思うけど、今の気持ち。

 

拒食症になりたい。心配されたい。病気になりたい。調べてみるとミュンヒハウゼン症候群に近いのかな、と思う。

 

ミュンヒハウゼン症候群についてはここでは述べないけど、どうやら子供の頃からこういう考えを持っていた。私は両親と三人姉妹の5人家族だったけど、誰か1人が風邪を引くとどんなに自分の具合が悪くても「私は病気じゃない」と思っていた。思うに子供の頃おたふく風邪を妹と同時にやってしまい、母に迷惑をかけたからじゃないかなと思う。水疱瘡とかは別々にやったけどね。

高校2年生の時、クラスに友達がいないのといろんなプレッシャーから学校に行けなくなってしまいよく保健室にいた。その時にその話をしたら保健の先生に「あなたは自分の家に病人という枠が一つしかないと思っているんじゃない?」と言われた。うん、そうだと思うよ。

 

ある年、当時まだ彼氏だった良人と過ごす年越しで食べたラーメンを戻して発熱し寝込んだ時があった。心配した良人は私にレトルトのおかゆを作ってくれたんだけどカレー粉を入れ、更に倒れた次の日、まだ具合が悪くて寝ている私を「まだ寝てるしwww」と写真を撮ろうとした。こいつ馬鹿なんじゃないかなと思った。病気になっても心配する方向が間違えているとイライラしか溜まらないことを学んだ。

 

そして今。良人は私の体重を毎日管理し(実際の体重は知らないけど日々の増減は知っている)、0.6kg以上増えると緊急事態宣言という。痩せていないと駄目らしい。という訳で私は密かに市販の下剤を買った。夜に飲んで朝は出る。一度夜中にトイレに行ったことを聞かれて「お腹が痛かったんだよ」というと、「やったじゃん、これで出ればスリムになれる」と言われた。ああ、この人はお腹が痛いことを心配してはくれないんだ、痩せていくことが大事なんだと思った。

食べて下剤で出しても痩せないらしい。それならもう食べない方がいいのかな。食べないで痩せたら綺麗になれるし、拒食症になればみんなが心配してくれる。拒食症の結果死んでも病気で死んだから自殺じゃないし。

 

ちなみに身長142cmに対して体重は49kgなので痩せすぎということは絶対にない。BMIはちょっと多めの24.3だし。大丈夫、痩せすぎは38kgらしいのでまだあと11kgぐらいある。