読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

El Diario Del Bufón Del Rey Lear

元リアの道化による独り言とか。

心霊現象?

ある日のこと。当時まだ実家にいた私が体調不良で自室のあった二階で寝ているとベランダから物音がした。シルエット的におそらく母が洗濯物を干しているんだろうなと思ってそのまま寝ていた。その日の夕方母に「洗濯物干してた?」と聞いたら「今日洗濯してないよ」と言われた。何事かと思っていると、一人心当たりがある。母の叔母、私からすると大叔母である。彼女はこの時すでに亡くなっていたんだけど、シルエットは母に似て背が低く小太りである。丁度この時母がその大叔母の夢を見ていたのでもしかしたらおばさんが私達の様子を見に来たのかもねと笑った。

 

母の家系はどうやら霊感が鋭いらしくその手の話が割とある。父の母が亡くなる直前、彼女は母の母に会いに行ったらしい。いや父の母の肉体は病院のベッドにいてチューブだらけなんだけど。夜中の三時ごろ母の母が急にベッドに座り何か大きな声で話し出したそうだ。当時母の母と一緒に寝ていた母の一番上の姉によると、母の母は「私は婿に恵まれてねえ……」みたいな話をしていたらしい。その日の夕方に父の母が亡くなり、母の一番上の姉も葬儀に来たんだけど母の母には詳細は言わなくても分かっていたらしい。うへえ。

母の携帯も時々写真を見ていると時系列に並んでいるはずの写真なのに不意に父の母の写真が出てくることがあるそうだ。何なんだ一体!

あと確か母の母は外国人の幽霊を見たことがあるんじゃなかったかな。で、毎日酒と塩をあげて「私は何にもできません。あなたを助けてくれる人のところに行きなさい」とかなんとか言ってなだめて追い払ったらしい。

 

幽霊恐怖症の私にはいろいろ信じられないけど、母の叔母が会いに来た?こともありもしかしたら今後もあるのかそういうこと。怖いよ。