読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

El Diario Del Bufón Del Rey Lear

元リアの道化による独り言とか。

あまり思い出したくない話

制服姿で電車通学していた私だけど、高校を卒業するまで痴漢に遭ったことはない。変質者に声を掛けられたことはあるけど。

 

私が痴漢に遭ったのは大学生の時だった。トレーナーにジーンズだしすっぴんだし今まで遭ったことないしとその時まで自分が被害に遭うとは思っていなかった。

確か大学に向かう電車の中だったと思う。割と混んでいる社内で不機嫌な顔をして乗っていたら胸の当たりに違和感を覚えた。何だろうと思って確認すると知らない人の手が当たっている。混んでるからかなと思ったけどちょっと身体をずらしてもまだ手が当たってくるし、動いていないか……? そんなことが数回続いて私は自衛のために鞄を前に持ってガードして犯人を睨みつけた。いつまで続いたかは覚えていない。とにかく気持ち悪くてすぐに消去した記憶である。でも、「私だけは大丈夫」という根拠のない自信は意味がないんだなと思った。

後でその話を友達にしたら「私なら車両を変える」と言われた。確かにその時って「勘違いだったらどうしよう」とか「他の人の迷惑になるかな」とか思って声は上げられないんだよね。私が乗っていた電車も一区間が短かったからすぐに車両を変えれば良かったと今は思う。

 

思い出すのも辛いのだけど、私が初めて性犯罪者というのに出会ったのは幼稚園児かそれよりもっと幼い頃だった。ターゲットは私じゃなくて妹。犯人に声を掛けられて困っていた妹を置いて家にいた母親の元に走っていき、「お母さん妹がまた泣いてる」と言ったのを覚えている。でも母がいつ私たちの元に来たかは覚えていない。多分知らない男の人に声を掛けられたとか言ったのではないかと推測される。その後に警察官が来て、妹、私、母だけでなく近所のおばさんやお姉さん達(当時小学生と思われる。幼稚園児にとっては十分お姉さんだ)にも聞き込みがあった。

幼児の記憶だから曖昧で信じたくないんだけど、その犯人ってもしかしたら友達のお父さんじゃないかと時々思っていた。

 

この経験を妹が覚えているかは分からないけど、妹は性犯罪関係の話は嫌悪感を覚えて不快になるというので私は冒頭の痴漢のエピソードを話したことはない。というか姉にも話したことはないんだけど、姉もやはり小学生の時に巻き込まれたことがあるらしい。家族でも話したがらないこの手の話題、他人にはもっと話せないだろう。

 

以上、最近取り上げられているので自分語りをしてみました。

名探偵

最近シャーロック・ホームズ熱が再燃している。もともとシャーロッキアンで英語学科か英文学科に進みたかったぐらいだが、だんだんと読まなくなってきた。再燃したのは新婚旅行でイギリスに行ってからである。

ピーター・パン、ハリー・ポッタービートルズとイギリスというかイギリス文化というかそういうのが好きな私はロンドンでもちろん大興奮だったのだけど、憧れのベイカー街221Bに行けたのはアビー・ロードスタジオと同じぐらい感動した。夢にまで見たベイカー街に今自分がいる!

世界中からファンが詰めかけていてすごく混んでいたのだけど、どうもBBCによるドラマ「シャーロック」の影響もあるように思える。前にこのブログでも紹介したカメラマンもシャーロックが好きで、一度コスプレの併せでシャーロックをするけど道化さんもどうですかと誘われた。その時はまだ見ていなかったので断ったのだけど。

 

いろいろと調べた結果Netflixに加入し(無料期間だけかもしれないが)、シャーロックのシーズン1の途中まではようやく見た。なるほど、原作ファンでもニヤリとさせられる話の展開である。そして現代版も面白いから原作もまた読み返してみたくなるのである。すごいぞホームズ。

「京都寺町三条のホームズ」にもハマっているので、どうやら私はホームズから逃れられない運命にあるらしい。大げさではあるけど。

 

オメガバース

オメガバースと言う言葉を最近知った。詳細は他の場所に譲るとして、私が考えたことを書いてみたい。と、その前に。アルファが性交渉における伝統的な男性の役割(所謂『タチ』)、オメガが性交渉における伝統的な女性の役割(所謂『ネコ』)として認識しているのだけど合っているのかな。まあいいや、ここではその認識の下で書く。

 

まずオメガなんだけど、男性でも妊娠ができるとか発情期とかいう設定を考えると現実社会の女性達が男性達に対して「お前らも私達の立場になってみろってんだ」と言うことなんじゃないかなと思う。自分の意志に関係なく発情するのは月経や排卵に似てるし、妊娠出産は女性(雌)しかできないし(ところで授乳ってオメガの男性にもできるのかしら。その辺知らないんだけど)。レイプの危険性とか抑圧される立場とかって現実社会の女性によく似ている。

続いてアルファ。こちらはオメガのフェロモンに充てられるとか、リーダー気質とか考えると古今東西「英雄色を好む」を思い出す。逆に言うとオメガに選んでもらいたいと必死なアルファは好きな女性に振り向いてほしい男性ともいえるのではなかろうか。そして妊娠させた責任(というのか?)としてオメガを守るのは伝統的な男性の役割であり、それを現実社会の男性達が女性達に対して「お前らも俺達の立場になってみろってんだ」と言うことにもなると思う。

ベータは傍観者と言うか一般的な男性あるいは女性なんだろうけど、発情したオメガに振り回されるベータ男性とか、アルファに好かれたいベータ女性とかを考えるとやっぱり伝統的な性別の役割が透けて見える気がする。

 

どこかで読んだ通りオメガバースがここまで受け入れられているのは女性が伝統的な性別役割に置いて不利(に見えるだけかもしれない)な役割を押し付けられているからなんじゃなかろうか。21世紀になった今でも男尊女卑はなくなっていないしね。向き不向きや好き嫌いもあるけどどっちが偉いという話ではない。

 

とまあ収拾がつかなくなりそうなのでこの辺で終わり。気が向いたら追記します。

女子会?

こちらの記事→https://news.yahoo.co.jp/pickup/6237806を読んで。

 

女子会ねえ……私もよくやるけど、固定メンバーの4人とは別にマウンティングしてないと思う。幸福度も図ってないと思う。けど。独身1人(以下Y)に対し既婚者3人(うち1人は私、残りは以下MとR)だと話す内容も違ってくる。

 

Yは結婚願望と出産願望と子育て願望が強い「キラキラ系」女子。習い事もして美味しいお店の情報に詳しく、適度にオタクで女子力を磨いている反面自分に自信が無くて歴代彼氏とのやり取りをスクショで女子会メンバーに返信の添削を依頼するようなタイプ。

Mは夫婦揃って医者で現在配偶者が単身赴任中。大阪出身の気風がいい姐御肌でどっちかというと男脳。歯に衣着せぬ物言いも多い。オタクで趣味が広く、水泳やバンド、演劇もやっていた。Noと言える日本人タイプ。

Rは音楽家と医療系の仕事をする二足の草鞋を履いている。配偶者が外国人でシフト制の仕事なので土日はフリーなことも多い。自分にコンプレックスを持っているけどしっかり見つめることができる。わりと流行に反発しているイメージ。

そして私、道化。とうとうBL(しかもナマモノ)の沼に落ちてしまった残念なコスプレイヤーアスペルガー疑惑の双極性感情障害者。ネガティブで他人の評価によって生きているタイプで場の空気に流されやすい。

 

まあこうしてみると確かにいろんなタイプだから女子会のネタには事欠かないだろう。ただ中高一貫の私立女子校で出会ったので大学進学するのが当たり前だと思っていたり、海外旅行が身近だったりと恵まれた環境であるのも事実。私が今の会社に入って出会った高校中退の人とかロンドンがイギリスだと知らない人とかそう言う人とは絶対に交じり合わない種類でもある。良い悪いは別としてね。

 

13とか14で出会っているから多感な思春期を一緒に乗り越えているのでキラキラ系の話だけではなく毒吐いたり政治について語ったりもするけどやっぱり自分の全部を話すわけじゃない。給料とか性癖とか支持政党とかね。っていうかセックスの話は苦手とするメンバーがいるからほとんど話さないからよく知らない。その辺りはなまじいろんなことを知り合っている友達だから生々しすぎて嫌なのかも。

 

イメージとしてはおっさんが管巻いているのに近いのが女子会で、マウンティングとか格付けとかも正直あるんだと思うけど意外と女は男が思うほどドロドロしてないと思うよ。

慶弔

少子高齢化社会だから仕方ないと思うんだけど、多分生涯結婚式より葬式に出る方が多いと思う。

まず結婚式。血縁関係は従姉と姉のに出たけど、あとはなあ……義弟は兄(私の良人)より先に結婚しているのであとは妹が結婚すれば、の話。従姉に子供が2人、姉には1人、義弟には3人だけどどこまで呼ばれるのか。

友人は4人、職場関係で2人。披露宴というか、サプライズでLINE通話にて参加したのが1人で二次会参加が2人。この後結婚しそうな友人はいるけど呼ばれるかは別だしね。

 

さて葬式。生まれて初めて出た葬式が所謂逆さ送りで、伯父が祖母より先に亡くなった。その後も学校関係で2人出席したけど、どちらも親が喪主といういたたまれないものだった。

後は祖父母や友人の親の葬式に参加した。私より年上の人というか世代が上の人を皆送ると考えると両親、義両親、親戚に義理の親戚、友人の親やもしかしたら会社関係もとか考えるとその数は限りないだろう。

 

どうせなら弔事より慶事に出席したいものだけど、まあそうそううまくはいかないものだよね。

書くこと

今まで小説や二次創作、短歌やsixwordsなど合わせると多分1000は下らないと思うんだけど、形に残しているというかネットでも何でもいいからUPしているものが少なすぎて闇に葬られたものや記憶の彼方に押しやられているものも多い。っていうかほとんどそれだと思う。

 

私は風呂敷を広げるのは得意だけど畳むのが得意じゃないうえに、何故か知らないけど短編だと3ページとか、連作短編だと1段落目は8行、2段落目は10行というような謎の縛りがある。というかそういうのが無いと気持ち悪くてかけない。多分なんだけど定型詩(っていうか短歌とsixwords)が書きやすいから自由詩や散文が苦手なんだろうな。かと言って論説文とか読書感想文が得意なわけでもないんだけど。

 

書くことは好き。だけど一本の小説を書くのは苦手で短編しかも二次創作ばっかり。一時期は小説家になりたいと思ったこともあるけどまあ無理だろうなあ。それにしても粗製乱造している時期と何にも書けない時期を交互に繰り返している。まあ他の人もそんなもんだろうねきっと。

 

ちなみに妹も小説を書くが(定型詩は書かない)、血を吐くような思いをするとよく言っている。そこまで命かけたことは私には無いね。だって、小説家になれないと悟った今文章を綴ることは趣味の一つだから。

雨女

だいたい私が何かすると雨。気のせいだと思うけど雨が降っている日に外出すると私が外に出た途端雨が強くなる。

思い出せる限り箇条書きで。

・実行委員長をした移動教室(修学旅行みたいなやつ)は二泊三日毎日雨

・初海外のザルツカンマーグートは夜に突然の雷雨、停電

・二回目の海外は雨の中ウィーンを歩く

・初スペインは寒波を呼び10年ぶりにマドリードに雪

・二回目のスペインも雨

・春合宿は河口湖で雪

・夏合宿は毎日雨

・新婚旅行ももちろん雨が降る

 

でもそんなものかな? 大学の卒業旅行や結婚式の日や入籍した日は晴れていたし、雨が降った日に何かあったというので覚えているだけかも。

 

ところで父親も悪名高き雨男で、沖縄出張の時になんと2日だか3日の滞在で1ヶ月分の雨量に達したというから驚きだ。